2009/11/29

エレック唄の市2009

和久井光司氏からのお誘いで、九段会館で開かれた「エレック 唄の市 2009」に行ってきた。

「エレック 唄の市」と聞いて、「えーーっ!あの!唄の市をまたやるの!?」と、
ついイジョーなテンションで反応してしまうのは、、、
間違いない、そいつはあの時代の「フォーク者」(推定年齢50‐60余歳)に違いない。
かく言う私もそんな一人に違いなく、この知らせを聞いて一も二もなく
「むむむ当日は何を置いてもかけつけなくては、、、」と固く心に決めてしまったのだった。

エレックに関して、ちょっとだけ、つたない説明を、、、。
エレックレコードは1969年に創設されたインディペンデント・レコード・レーベル(76年消滅)。
つまり、インディーズ・レーベルの先駆的存在なワケで、
70年代初頭、若者を中心にフォークソング、プロテストソングの大ムーブメントが盛り上がりを見せる中、、
吉田拓郎、泉谷しげる、古井戸などをかかえる、ムーブメントの中核的存在であった。
同じフォークソングの代名詞的なレーベルとして「URCレコード」があるが、
こちらは高石ともや、岡林信康、五つの赤い風船、加川良など、所謂関西フォークの多くを世に出し、
さながら、東のエレック、西のURCといった感じで、一大フォークブームを盛り上げていた。
で、そのエレックレコードが当時行っていた看板イベントが、
同レーベルのアーチストたちをメインの出演者に据えた「唄の市」だったのだ。

その伝説のコンサートが、なんと35年ぶりに蘇るという今回の「唄の市2009」。
出演者は泉谷しげる、古井戸の加奈崎芳太郎、生田敬太郎、佐藤公彦(ケメ)
ゲストにChar、中西康晴、浦沢直樹、和久井光司バンド、ザ・アウトロウズ。
唄の市そのものではなかったけれど、当時、このメインの出演者たちのコンサートを僕も何度か体験した。
それは、そう、ちょうど35年前、僕がまだ高校生だった時のことだ。
懐かしくないわけがない、、、、。

さてさて、そんな「唄の市」だったが、、、
その出演者のラインアップから、ある程度は予想してとおり、ほぼ「泉谷しげるワンマンショー」状態であった。
泉谷自身も何度も「なんで拓郎は来ないんだ!チャボがいない古井戸は、たんなる井戸だ!」と叫んでいたが、
いや、実にその通り、、、。
見ていた古くからのファン達の思いも同様であったろうと思う。
それでも、その空いた穴を力の限りに埋めようとする泉谷のサービス精神、、、、
これには、会場が一体となって(いささか年齢層は高かろうが、、、)盛り上がりを見せていた。
いやあ、よかった。よかった。

それと、もうひとつ、、、。
今年は、忌野清志郎、加藤和彦と相次いで、この音楽シーンに関わりの深いミュージシャンが亡くなってしまった。
これについてもライブ中、泉谷が何度か言及していたが、
やはり、これは、とても残念で、とても淋しいことだ、、、。

だからこそ、今、元気な人にはがんばってもらいたい。
もっと、もっと、音楽を通して、自分たちと同時代を突っ走ってほしい、、、
こんな思いが、盛り上がりを見せる聴衆のそれぞれの胸に、
ひとつひとつ、しっかりと刻みこまれていたのではないだろうか、、、。

出演者会場一丸となってジャンピングの連続!

2009/11/27

房総も半ば ‐‐出東京記‐‐

房総ライフも本日で2週間、一ヶ月限定滞在のおおよそ半ばを迎えたことになる。

17日付けのブログで、「なぜか房総、房総サンセット、、、、」と
ほとんど何の脈絡も説明もなしに、いきなり始まってしまったこの房総生活報告であるが、
そも、我々はいかにして房総生活にいたったのか、、、。
いかにして我々の「出東京記」は始まっていったのかをお伝えする。

思い起こせば、予兆は今年の春ごろからあったのだ。
まずはなんといっても仕事だ。
これがいろんな意味合いにおいて、大きな曲がり角に来ているらしい、ということ、、。
もちろん、世の中自体がむちゃくちゃな不況に陥っているため、
その波は否応なく我々末端業者をも飲み込むことになり、、、ざっぱああーん、、、、
その結果、これまでの仕事のやり方を変更せざるをえなくなってしまったというのが、正直なところ、その一因ではある。

でも、まあ、僕の場合そうでなくても、
仕事においては、10年に一度くらいの割合で、大きな転換期を経てきたのだった。
なんせ、マンガ、イラストレータとして出発して以来、
関わってきた仕事は、音楽、映画などの評論、エッセイ、雑誌の編集、ライター、デザイン全般、
ファッション・エディター、レコードジャケットや写真集のアート・ディレクション、プロモーション・ビデオなどの映像監督、
2Dまたは3DのCG制作、CD-Romなどのマルチメディア・コンテンツのアート・ディレクション、オーサリング及び制作、
WEBなどのデジタル・コンテンツのアート・ディレクション及び企画、制作などなど等等等、、、、。
実にお恥ずかしい限りの節操なき職歴ではあるが、でも仕様がない。
そうやって来ちゃったのだ。

で、この30年間に及ぶ無節操な職歴を俯瞰して見てみると、、、
どうやらそれは、10年に一度くらいの割合で大きく転換しているような気がする。
「アナログ」から「デジタル」へ、「個人ワーク」から「プロジェクトワーク」へ、、、と。

そこで、私は考えた。
ひょっとしたら今回も、次なるステップに向けての大いなる転換期なのではあるまいか、、、
いや、そうに違いない。そうかもしれない、きっとそうだ。
そうだと信じて突っ走るしかない。
だって、今までだって、そうやって来ちゃったんだから、、、。

という訳で、転換にかけるこの思いが、最初に述べた「出東京」へと、ダイレクトにつながる事となる。
この際、仕事の転換に伴い、我々の都市型ライフスタイルも、あるいは別のライフスタイルに変える時期なのではないか、、、、。
もちろん、それ以外にも様々な複数の要因が絡んではいるのだが、
そうやって、我々の「脱東京計画」はまことしやかに、あるいはナシクズシ的に進んでいったのである。

そう言えば10年ほど前にも一度、トウキョウ脱出を試みたことがある。
そのときは、逗子、葉山あたりに居を移そうと、そっち方面の物件を探し、
場所も決まり、話もある程度まとまりかけたのだが、、、、、
とある事情から、結局それは実現化する事はなく終わってしまった。
今思えば、まだ機が熟していなかったのかもしれない。

で、今回は湘南ではなく、なぜか房総あたりが引っかかった。
ネットで色々と情報を集めているうちに、
「あれれ、、、ひょっとして、ひょっとしたら、、、千葉ってアリなのおー?」って感じで
どんどん頭の中のエクソダス願望は、東を目指して盛り上がっていく。
なんせ、東京から近い割りに、海あり里山ありでスローライフ感も満載、なおかつ、家賃も物件価格もリーズナブルそうだ。

その上に、拍車をかけたのが、「アクアライン800円」だった!!
この制度は、約2年半の間の実験制度だという事だが、
それにしても、今まで3000円もかかって見向きもされなかったアクアライン通行料が
なんと、いきなりの800円というダンピング価格!
これは利用しない手はないかも!かも!かも!!!
と、東京湾の向こう、房総半島を熱く見つめる我々にとっては、
「アクアライン800円」が、さながら杖を振り上げたモーゼによって
真っ二つに割られた紅海のように思えたのであった(ちょっとおおげさ)。

という訳で、夏の間に何度か外房や内房を訪れ「ああ、、こんな感じなのね」と確認しつつ、
それ以外はいつも通りネットで、情報探しをする日々。
意気込みはあるものの、このままでは、我々の「出東京記」はなかなか具体的に実現化しそうになかった。

だが、そんな時、ネット上にある情報を発見した。

なんと!外房のある町が、東京からの移住者を呼び込む為、その実証実験もかねて
「一ヶ月の間、ためしに移住してみませんか?」と呼びかけている。
なんでも、町が用意した家を、ほとんど無料で一ヶ月借りられるとのこと、
町では「移住コンシェルジェ」なるものも設置し、いろいろと相談にも乗ってくれるらしい、、、。
これは、まるで、我々のためにあるような企画ではないか!と、
ダメもとで早速応募してみたのであった。

で、それが当たってしまった。

同じようなことを考える人も多いらしく、応募総数は120組にも上ったらしいが、
なんと、その狭き門をくぐりぬけてしまったらしい、、、。

という事で、
「なぜか房総、房総サンセット、、、、」と、なったという次第、、、。

さてさて、長くなってしまったが、これが期間限定房総ステイに至った事のあらましである。
リアルな房総生活を送る上で、揺れる部分も多々あり、
ほんとに「ココでやってけんのおー」「ほんとにこんな生活やってけんのおー」と思う端から、
「ああ、、、いい所だなあ、、、」「ココでこんな生活をしてみたいなあ、、、」と思ってみたり、
日々あっちゃこっちゃする思いに翻弄される今日この頃である。

仕事の都合で東京と行ったりきたりで、なかなか落ち着かないのだが、
期間限定の房総生活も残すところ半月、
「半(出東京)体験」を今少し、注意深く味わってみようと思っている。

イラテック2号による「房総便り」はこちら>>

2009/11/21

レッツゴーおとりさま

毎年この時期、巷を賑わす風物のひとつに「酉の市」というものがある。

「酉の市」は、11月中の酉の日に各地の神社で行われるお祭り。
その起源は日本武尊(ヤマトタケル)の戦勝祈願や祝勝を、
鷲神社(おおとりじんじゃ)で行ったものを祖にしているというから、めっぽう由緒正しいお祭りにはちがいないが、
やはり、江戸時代あたりから「おとりさま」として庶民に親しまれ、「商売繁盛」や「家内安全」を祈願してお参りするというのが、我々がイメージするところの酉の市だろう。

有名なのは浅草の鷲神社、新宿の花園神社、目黒の大鳥神社あたりか、、、。
そのことからも、関西出身の僕にとっては、
「酉の市」と言えば、じつに「東京っぽい“粋”なお祭り」という風物詩であり続けてきたのだった。

その昔、まだ若かりし頃、新宿歌舞伎町かゴールデン街あたりでしたたかに酔っ払い、
ふっと迷い込んだ花園神社で、招福熊手がひしめき合う豪華絢爛な異空間にまぎれ込むという体験をしたことがある。
酩酊状態で、今ではもうどこからが現実でどこからが夢だったのか、よく分からなくなっているのだが、
酔眼で眺めた、そのめくるめく視覚的恍惚体験が、僕にとっての「おとりさま」の原体験となっている。

さて、今年もやってきたそんな酉の市に、出かけることにした。
地元目黒の大鳥神社。
なんせ100年に一度の大不況ということもあり、縁起物の熊手売りがびっしりと並び
その合間を招福の吉兆をもとめる善男善女が行きかい、なかなかの賑わいを見せている。

当然わがイラテック一同(と言っても二人)もそんな善男善女の一員であり、
来年こそは良い年になりますように、、、の願いを込め、今年初めて縁起熊手を買ってみようという腹積もりだ。
熊手の値段はピンキリで、千円くらいのちゃっちいものから、ん十万する威風堂々たるものまで。
熊手初心者の我々としては、予算は3千円くらい、、、
ちょっとセコイが、あんまりデカイものを買っても置き場所に困るもんね、と自分相手に弁解する。
で、まずは気に入った熊手を求めて境内を一周。
あれこれ迷って、もう一周、、、。

ところで、そもそも、なんで熊手なのか?
これも日本武尊が戦勝を祈願して、武具の熊手を奉納したという、もっともらしい由緒もあるのだが、
それよりも、熊手のその形状から「福をかきこむ」連想をさせ、それが縁起物として定着した由縁だろうと思われる。
で、その熊手にびっしりとデコレートされた様々な縁起物の数々、、、
これがなんともでニギヤカで楽しい。
まさにジャパニーズ・キッチュ、ジャパニーズ・ジャンク感満載のラインナップだ。
まずはなんと言っても「おかめ」のお面。
おかめは別名「お多福」であるからして、福多くして縁起良しの代表格だ。
お多福の田楽ダンスのパートナーである「ひょっとこ」は、たどると「火男」であるからして、
顔は面白くても別に縁起とは関係ないので、この際の出番はなし。
その他には「打ちでの小槌」に「大判小判」、「招き猫」に「七福神を乗せた宝船」、「鯛」に「射的の矢」に「黄金の俵」と、、、
さながら縁起物のヒットパレードである。

さて、迷いに迷った末に、やっとこれぞと決めた熊手を手に取り、売り手のオヤジとの丁々発止のやり取りが始まる。
「これいくら?」
「お目が高いね、2万円!」
「そんなワケないでしょ、この大きさで。ホントはいくら?」
「ホントは5千円と言いたいところだけど、オマケしちゃおう4千円」
「もう一声、3千円にならないか!」
「うーーーん、わかった。3千円で売っちゃおう!」
と、勢いよく値段がきまった所で、プラス千円をご祝儀として渡す。
つまり、向こうの言い値の4千円で買ったことになるのだが、
こっちはご祝儀を出して、ちょっとしたお大尽気分を味わいつつ、売買成立という形になる。
これが、正統派熊手の買い方らしいのだが、実にイキなやり取りだ。
で、売買成立の祝いと、買った人たちの招福を祈念して、
お店の人たちと客の一同で三三七拍子の手締めとなる、、、。
うーーーん、このへんも実にイキですね。

さて、予算は少しオーバーしたものの、そんなこんなのやりとりで、我が家のリビングに収まった縁起熊手。
鯛や弓矢や小判や打ち出の小槌に松と、一通りの縁起物は揃っているのだが、
特に気に入ったのは、本来お多福が収まる位置に、お面の代わりに一升枡が鎮座しているところ。
一升枡が対角線で斜めに区切られ、その中に恵比寿、大黒が収まっている。
で、その意図を聞いてみると、、、
恵比寿大黒揃い踏み、一升マスを半分で区切って、枡枡半升(ますますはんじょう)、、、ますます繁盛、、、
うーーーーん、ここまでくると、七福神のおめでた駄洒落の大喜利だあ。
「ウマイ!!山田くん、布袋様に座布団三枚やっとくれ!」
お後がよろしいようで、、、。

ちなみに、残る今年の酉の市は、来週火曜日24日が二の酉です。
みなさんも、縁起物ワンダーランドに出かけてみてはいかがでしょうか?

2009/11/17

なぜか房総

なぜか房総、、、、房総サンセット。
真っ赤な空、微妙なグラデーションで彩られるむら雲、それら輝く天蓋を鏡のように映し出す水田、、、。
突然、目の前に広がった想像を絶する美しさに、しばし声を失う、、、。

前回のブログのアップから、はや2週間も経ってしまった。
いやはや、この2週間は大変だった。
ドトーのような2週間であった。

先々週末は、小旅行に出かけた。
滋賀のミホミュージアムで開催中の「若冲ワンダーランド」にて、念願の「鯨と象の屏風絵」と対面。
翌日は、伊勢神宮に参拝。
出来上がって間がない、木の香漂う宇治橋を渡り、神域へと紛れ込む。
参拝したあとは、お神酒「白鷹」でほろ酔いになりつつ「おはらい町」「おかげ横丁」で買い食いの嵐。
(これらの出来事は、きっちりと記憶の引き出しにしまってあるので、
後日、引っ張り出して、このブログにアップします。お楽しみに。)

旅行から帰るや、次の週末から始まるプチ移住、ひょっとしたら人生のターニングポイント?
「房総里山お試し移住」に向けての手続きと準備。
(この仔細も、おいおいブログにて書いていきますね。)

そのバタバタの合間をぬって、
地元目黒の大鳥神社酉の市に行き、縁起熊手を買って「商売繁盛家内安全」を祈願、
恵比寿「Juzu」清泉さんのパーティに顔を出し野口君やヒトミちゃんと談笑したり、
フリーペーパー「108」の鈴木完ちゃんと同誌に次回掲載するマンガの打ち合わせをしたり、、、、

てな感じで毎日を慌しくすごしていると、わわわ、あっという間に、もお週末だ!だ!
とりあえずの荷物を車に詰め込み、アクアラインで東京湾を跨ぎ一路房総へと向かう。
現地にて居住に関する顔合わせ、もろもろの手続きの後、、、、
やっと、しばらくの仮住まいとなるキュートな里山の家に落ち着いた、、、。ふうう、、、。

で、荷を解き、ほっとしたその瞬間、、、
目の前に広がっていたのが、前述の夕焼けであった。

しばし、声を失う。
普通、こんな時、ぼんやり辺りの風景を眺めながら「思えば遠くに来ちゃったなあ、、、」などと、
人生の来し方行く末に思いを巡らせたりするもんなんだろうが、、、、、
房総サンセットの圧倒的な美しさの前に、コシカタ君もイクスエちゃんも
しばし、どっかに、飛んでっちゃってしまった、バグース!

てなワケで、一ヶ月の期間限定ではあるが、
我々の「房総ライフ」が始まった。

本日はあいにくの雨だけど、先週末はこんな夕焼けでした

2009/11/03

「THIS IS IT」

11月3日現在、マイケル・ジャクソンのライブリハーサル風景を収録した映画
「THIS IS IT」は大ヒットを記録し、2週間の限定公開期間が4週間に延長された。

少しネタバレっぽくなってしまうかもしれないけど、
いや、大丈夫、僕がちっとやそっと書いたとしても
この映画が持つ力や魅力については、千分の一も伝えられないに違いないと思い直し、
昨日この映画を見て感じたことを、いくつか記すことにする。

ご存知のとおり、この映画は今年の夏ロンドンで行われるはずだった
マイケル最後のコンサート「THIS IS IT」のリハーサルの様子を収めたものである。
公演数ヶ月前(4月から6月)のリハーサルということで、マイケルとダンサー、バックミュージシャン、スタッフ達は、
楽曲のアレンジや、コンサートの演出、いわゆる段取りをつめている、まだまだ途上で、
当然ながらマイケルも本気で歌ったり、踊ったりはしない(特に映画前半は)。

しかし、それでもスゴイのだ。
リハということで、マイケルはそれらのパフォーマンスを何割くらいの力でやっているのだろうか?
半分くらいだろうか、、、それとも、1、2割くらいで流しているのだろうか?
もし、これがフルのパワーで、歌い、踊ったとしたら、どれくらいスゴイんだろうかと背筋がざわつく。

つまり、この映画は、素材集なのだ。
コンサート「THIS IS IT」を完成させるための、
まだまだ未完成の素材やパーツが、この映画には記録されている。
我々はそれらを目撃し、各々の頭の中で、
いまや幻となっていまった、このコンサートの本公演に思いを馳せることになる。
マイケルのパフォーマンスが、楽曲のアレンジが、ミュージシャンの演奏が、
照明、映像、舞台演出、ダンサーの振り付けにいたるまで、
これら全てのパーツが完成し、目の前に繰り広げられたとしたら、どれほどのものになっていただろう!、、、と。
それはきっと信じられないくらい素晴らしい体験になったにちがいない。
そして、その時、もうひとつの事実を知ることになる、、、。
それは決して見ることができないものになってしまった、、、。
我々はなんと、大きなものを失ってしまったんだろう、、、と。

さて、この映画のもうひとつの最大の魅力は、
リハーサルの合間合間に映し出される「人間マイケル・ジャクソン」の素顔だろう。
このライブにかける彼の情熱、妥協のない姿勢、スタッフに対する心遣い、自問自答、、、
それらの言動のひとつひとつを追っていくごとに、
映画のサブタイトルそのままに、「誰も見たことのない彼に逢える」ことになる。
そこにいるのは、まさしく、マイケル・ジャクソンという人間だ。

偉大なるポップアイコンという存在ゆえか、
思えば、彼ほど誤解され、実像が見えない人もいなかったのではないだろうか、、、。
時を追うごとに加速する容姿の変貌、マスコミを通じて伝えられる奇行の数々、、、等など、
これらが、マイケルをどんどん、世間の一般常識から大きくはみ出した存在にしていった。
もちろん、理解のあるリスナーや熱心なファンにとってはそんな事はなかったのだろうが、
多くの人たちにとってマイケルは、80年代を頂点にしたかつてのポップスターであり、
数多くのゴシップや問題を振りまく、まるでクリーチャーの様な存在ではなかったろうか、、、。

正直に言おう。
かつては、「スリラー」や「バッド」で、彼の卓抜した才能に心酔させられた体験のある僕にとっても
2000年代以後のマイケルは「??、、、なんだかなあ、、、」という存在だったのだ。
今年の春、この「THIS IS IT」コンサートの制作発表記者会見の様子をニュースで目にした時も、
「またマイケルが苦し紛れに、なんか変なことをやるらしいなあ、、、」
という程度の浅墓な受け止め方をしてしまっていた。
かねてから、自宅ネバーランドの売却話などを含め、
マイケルが経済的苦境に立たされているという噂の渦中にあったせいだ。

それらの悪意に満ちた誤解と先入観、、、そのおかげで僕は、
「復活公演とも言える13年ぶりの本格コンサート」「マイケル最後のコンサート」
というこのコンサートの本来の意味を考える事もなかった、、、。
ところが、唐突に訪れた彼の不在によって、その本来の意味を知ることになろうとは、、、
なんという皮肉であろうか、、、。

また、もし仮に、それらの誤解と先入観のほんの一部が事実であったとしても、
「それが何なの?」「それがどうしたというんだ」と思わされるくらいの
圧倒的な才能であり、存在であったと言うことを
この映画は再認識させてくれるのだった。
まったくもって、自身の矮小な偏見と非寛容を悔やむばかりである、、、。

でも、そんな我々にもマイケルは、映画の中のスタッフに対してのように
「怒ってなんかいないからね、、、、L、O、V、E、、、」と、
声をかけてくれるだろうか、、、、、。

きっと、言ってくれそうな気がする。
映画の中のマイケルは、そんなやさしいオーラに包まれている、、、。

、、、、、というのが、僕の「THIS IS IT」を見て感じたことだ。

ちなみに、「スムーズ・クリミナル」も「マン・イン・ザ・ミラー」も
「ビリー・ジーン」も「スリラー」も、、、、どの曲もどの曲も素晴らしいのだが、
マイケルが心血をそそぎ立ち向かっていた環境問題、地球への思いを凝縮した
「アース・ソング」がもっとも心に残っている。

earth song

2009/11/02

秋桜と書いてコスモスと読むのね

明日と言う字は明るい日と書くのね。
秋桜と書いてコスモスと読むのよ。

とても気持ちのいいお天気の日曜日。
このブログがきっかけで、「それでは久しぶりに会いましょうか」ということになった
元F通「TEOプロジェクト」スタッフのKID氏に誘われて、昭和記念公園に出かけた。
もうそろそろ、紅葉がきれいかな?、、、という思惑と共に。

この公園には3年前に一度、桜の季節に訪れたことがある。
公園中央あたりの広場近くにある桜の園が、それは見事だったのを憶えている。

さて、ティーシャツ1枚でも汗ばむくらいの暑さとなった昨日の公園は、まだ紅葉にはすこし早かったようだ。
その代わりに、ちょうど、この時期
「コスモスまつり」というイベントを催すくらい、コスモスが見頃をむかえていた。
春には桜、秋には秋桜。
70万本の黄色いコスモスで出来た、うすレモン色のもっこもこ絨毯。
黄色いコスモスってなかなか珍しいと思うんだけど、とてもラブリーで見事です。

調べてみると、この種「イエローキャンパス/キク科/コスモス属」というコスモスは、
玉川大学農学部の育種学研究室の長年の研究によって作りだされたもので、
2000年に開発された新品種だとのこと。
つまり、この世に生まれでてきてから、まだ9年しかたってない!
ちなみに、うちの部長/トイプードル/愛玩犬属と同い年だ。
だから、どうという事はないんだけど、、、、。

で、あまり、綺麗には撮れなかったんだけど、下の写真の感じ、、、。
なんか、バージニア・アシュトレーのレコード・ジャケットみたいね、、、(イメージ、イメージ)。