2009/12/26

葡萄畑 プレゼンツ BANDA PLANETARIO

一週間近く前のネタで恐縮なのだが、12月20日に行われたライブのレビューログをひとつ。

10月27日新宿ロフトで行われたライブに引き続き、
BANDA PLANETARIOと葡萄畑のライブを見に行ってきた。
(バンドの解説や、その時のライブの様子などは、こちらのブログ「葡萄畑の夜」を)

この日のイベントは、和久井光司氏仕切りということで、浅草橋(!)にある小ぶりのライブハウスで行われた。
出演は和久井さんのバンド「the BMW」に、「葡萄畑ご一同様」、
そしてスペシャルゲストに「泉谷しげる」というラインナップ。
どうやら、10月のロフトで共演した和久井さんから葡萄に声がかかり、
11月和久井さんが音楽プロデュースを務めた「エレック唄の市2009」をきっかけに、
泉谷しげる氏が急遽、乱入参加という形になったらしい。
ちなみに、同じくロフトでの共演をきっかけに、BANDA PLANETARIOの紅一点バイオリン
「アッキー」こと秋久ともみちゃんは、「エレック唄の市2009」から泉谷氏のバッキングに参加している。
音楽家のつながりってのは、なかなかあなどれませんね。

まずはBANDA PLANETARIO登場。左からアッキー、吉井くん、あおちゃん、よっちゃん。

2度目のバンプラ体験。
前回のブログでも書いているように、どこかヨーロッパあたりのロードムービーを想い起こさせる
叙情的で牧歌的で、日向のぬくもり系で、酒場の片隅系なインストルメンタル・ミュージックの数々、、、。
うーん、やっぱ、グッドですね。
欲を言えば、数曲でいいから唄モノ、
それも、ちょっとこなれた感じの女性ボーカルなんかが入るとたまんないだろうな、、、と思わせる。
どっかにいないか、和製テレーザ・サルゲイロ。

続いてオリジナル葡萄畑メンバー、佐孝さん、本間くん、マイケルが加わり、葡萄畑2009に変身。
ドラムのマイケルがリハーサルが出来なかったらしく、いきなりドカドカ始まり、
メンバー一同あっけにとられる一幕もあったが、そこはご愛嬌。
なんせ、前回ロフトでは、ドラムがなくてダンボール叩いてたんだもんね。
そんな感じで始まったステージ、青ちゃんのぐだぐだMCをはさみつつ、いつものなごやかなムードで、微妙にもりあがり、
「お嬢さんおてやわらかに」「夕飯は御仕舞」など、数々の幻の名曲を披露した。
写真はアッキーの後ろに謎のアコーディオン弾き佐孝さん、吉井くんのギターネックで顔がかくれた本間くん、
ステージ奥でぜんぜん見えなかったマイケルがその後ろにいる筈、、、。

個人的には、僕がその昔、葡萄畑解散後のあおちゃん佐孝さんとやっていたテクノバンド、
「Metropolis」時代にもレパートリーにしていた隠れた名曲「ねじれ男」が、ものすごくナツカシうれしかった。
だいたい葡萄畑の存在自体が隠れているもんだから、
そんな彼らののレコードにもならなかった隠れた名曲となると、隠れてるは隠れてるは、
まるで重箱の隅をつっついても見当たらなくて、なんだ、ふたの裏にくっついてたじゃないの!
くらいのレアな曲である。
でも、ホント良い曲です。いつか、なんとか世に出ないかな、、、。

こんな感じの葡萄畑 プレゼンツ BANDA PLANETARIO、
次回のライブは来年2月、あおちゃんの地元、国分寺方面でやるそうです。

さて、イベント自体のトリを飾ったのは、当然、泉谷しげる氏。
唄の市の九段会館同様、カンレキをモノともしない暴れんボー!なステージを繰り広げたが、
なんせハコが小さいぶん、その破壊力は2倍にも3倍にも膨れ上がっていた。
こちらも、あー面白かった。

2009/12/24

Merry Christmas

メリークリスマス!

クリスマスなので、こんな写真を撮ってみました。

苔の芝生のおもちゃのサンタさん。
そりを従えお出かけです。

メリークリスマス。
星空の下、皆がみんなに、幸せがきますように。

2009/12/23

冬至に柚子湯と焼き穴子

田舎の母親から荷物が届く。
開けてみると、好物である焼き穴子が入っている。
軽くあぶって秘伝のたれをかけ、穴子丼にすると旨いんだよな、これが、と早くものどが鳴る。

僕の出身は兵庫県の姫路であるが、両親は現在、
その姫路市からもう少し西に行ったところにある、たつの市の海寄りの町に住んでいる。
そこから海沿いの道を車で20分ほど行くと、室津漁港。
いかにも瀬戸内の漁港らしい入り組んだ坂道に、昔ながらの民家が建ち並ぶ
なかなか風情のある小さな漁港町なのだが、ここの名物が、件の焼き穴子だ。
僕の好物であることから、前日さばいたばかりという、このイキのいい(?)焼き穴子を
母はよく送ってくれるのだった。ありがたいこってす。

さて、焼き穴子ばかりに目が奪われていたが、よく見ると包みにはその他に、
新聞紙にくるまれた黄色い球形の果実がごろごろと入っている。
なんですか?これは。
蜜柑より小さく色は檸檬、八朔をうんと小振りにしたような、、、、
そうです。正解はゆずでした。

おりしも昨日は冬至。
これでゆず湯をしなさい、という母心らしい、、、、、
再びありがたいこってす。

ウィキペディアによると、、、
「日本では、古来より冬至に柚子の湯に入浴する習慣がある。」
「冬至と柚子との関連はかならずしも明らかでないが柚子湯の習慣は銭湯の登場以後のことであり、
一説に湯治(とうじ)と冬至(とうじ)との語呂合わせで、身体息災であれば融通(ゆうずう)がきくとのこじつけであるという。」
とのこと。
湯治(とうじ)と冬至(とうじ)、、、融通(ゆうずう)と柚子(ゆず)と、、、あ、シャレなのね、もともとは。
日本の慣わしって、割とこういうこじつけテイストのものってよくあるよね。

とは言うものの、、、
日々寒さ厳しくなってくる折に、入浴剤効果のある柚子を浮かべたお風呂にゆっくり入り
「この冬、風邪などひきませんように」と願う、先人の知恵が活かされた
なかなかほのぼのとした日本ならではのしきたりには違いない。
いいですね、こういうの。

さて、という訳で、昨日の夜は
ありがたく柚子のお風呂をいただいた。
ライトグリーンの入浴剤もいれたので、色合いがますますきれい。
ゆっくり温まりながら、風邪のみならず、無病息災を祈った。

もちろん、穴子も美味しくいただいたのは言うまでもない。

2009/12/18

東京の夕景

久しぶりに自宅屋上にて、東京の夕景を眺める。

写真を撮ると雲に隠れて富士山もはっきりせず、
なにより、街の上面をびっしりと覆う電線と電柱が実にわずらわしい。

ついつい、この前まで過ごしていた彼の地での夕暮れを思い出してしまう。
むこおーーのお山まで遮るものもほとんどなく、
ある意味、脳天気に思えるほどすっからかんの空一面が、
刻一刻と色変わりしていく雄大さ、、、、。
だいぶ違うよねえ、、、。

さてさて、房総からの引き上げのバタバタもあり、すっかり更新が滞りがちでしたこのブログ、
ペースを戻してちゃんと更新していきますんで、よろしくっす。

2009/12/04

里の朝

おはようございます。
今日はちょっと早起きしたので、早朝の畦道を散歩してみました。
空を見上げると、こんな感じ。
昨夜の雨もあがり、まだ少し雲は残っているものの、今日はいい天気になりそうです。

それにしても、、、、空が青いなあ、、、。

、、、と、ツイッタのようなブログになってしまった。

2009/12/02

街のいちょう山のいちょう

先週、仕事の都合で青山に立ち寄った。
ちょうど、外苑の絵画館前のいちょう並木が見事な時期で、
「外苑いちょう祭り」というのをやっている。
太陽の光を通して真黄色になった並木の下をそぞろ歩く。
「まったくなんでもお祭りにしちゃうんだから、、、」とか言いながらも、
立ち並んだ屋台ブースで美味しいタイヌードルを頂いちゃったりして、ちゃっかりお祭りも堪能。
この「いちょう祭り」は、今年でもう13年目になるらしい、、、。

そう言えば、30年位前の話になってしまうけど、この近所に僕は住んでいて、
この絵画館前あたりも、お気に入りの散歩コースだった。
当然、この色づいたいちょう並木も見ている筈なのだが、
それが、こんなに綺麗だった、、、という記憶がどうにもない。
若い頃の僕に、色付いたいちょうを楽しむ余裕がなかったのか、、、、
それとも、いちょう並木も、祭りにあおられ、バージョンアップしたのか、、、。

ちなみに、これが地面に散りばめられたいちょうの葉たち。
きれいですね。

引いてみると、おお、いかにも、青山風、、、、おしゃれな絵だ。



数日後、とある場所で、そっくりの写真が撮れた。

こちらは千葉県、養老渓谷、出世観音前のいちょう。

引いてみると、、、、おお、向こうの山並みが移っていて、ちょっとだけど渓谷感が出てる。
左っ側には、神社の石灯籠も移っていて、和なムードを盛り上げてる。
これも、なかなか、きれいですね。


という訳で、この初冬に出会った、ふたつの黄色いいちょう。
街のいちょう、山のいちょう。
どっちもきれいですね。