2010/07/28

蓮の花の話

玄関前の庭先に水瓶を三つ置いている。
それぞれに蓮が入っている。

手前の一番大きい瓶は、この家に元々置いてあったものだ。
なんたって、この庭の先輩格であるからして、
この蓮が一番威勢がよく、葉もぎっしり生えていて、
7月の上旬から次々に、小振りながらもきれいな花を咲かせてくれている。

真ん中の蓮は、前の家から持ってきたもので、
5、6年前に、祐天寺駅前の花屋で買ったものだ。
買ったときは見事な葉ぶりだったが、屋上で育てていて手が行き届かなかった上、
度重なるカラスのイジメに会い、なんだかすっかりシナびてしまっている。
未だ花も咲いた事がなく、都会からやって来た病弱な新参者といった所か、、、。

さてシンガリに控えしは、
いちばん小ぶりの弟ぶんといった感じの蓮坊だが、
意外に我家での歴史は一番古く、かれこれ10数年育てている事になる。
祐天寺の前、広尾に住んでいた頃、恵比寿の花屋で購入したもので、
威勢のいい花屋の親父の口上「この蓮はいいよ、花がどんどん咲くからね」に
胸膨らませて買ったはいいが、結局一度も花が咲く事はなかった、、、。
うーん、育て方がまずかったのか、、、。
やはり、チョー虚弱体質の転校生といった雰囲気で庭先に佇んでいる。

ところがである、先日、ふと水瓶を見てみると、
この弟ぶんの蓮坊が、なんと!花を咲かせているではないか。
なんたってこの庭には、日差しだけは有り余るほどたっぷりとあるし、
先輩ハスの勢いに押されて、内なる野生が目覚めたのかもしれない。
小さいながらも、可憐で清々しい花を咲かせてくれた。
10数年ぶりにしてはじめての快挙である。

ふむ、、、こういう事ってあるんだなぁ、、、。

2010/07/20

葉っぱの上の保護色な方々

いやあ、梅雨明けした途端、いっきなりの暑さがやってきた。
やっと待ちにまった夏である。
なんといっても、この地で迎えるはじめての夏を首を長ーくして待っていた僕としては、
そんな暴力的な暑さもなんのその、
ついつい用事を見つけては庭に出てしまう。

さてさて、今日も庭の植木に水でもやろうと鉢植えを覗いてみると、、、、
葉っぱの上にどなたかが潜んでいらっしゃる。

これがその写真。皆さん、見えますか?

はいこちらが正解。左上にはカマキリさん。
右下にはアマガエルさん。
おふた方とも、誂えたような保護色を身にまとい、なかなかの潜みっぷりだ。
可哀想だから、水をかけるのは今度にしますね。

2010/07/07

椎の木の話

30数年住み慣れた東京を離れ、
千葉の九十九里浜の南の端っこあたりの小さな町に引っ越した。
小さな町のそのまた南の端っこの、なんとものどかな総戸数60所帯くらいの集落。
ちなみにその半数が梨農園を営んでいるという梨の村。
あちこちに点在する梨畑とそれを囲む豊かな田圃、小川、湖、竹林、、、
もお絵に描いたような里山の風景の中で、この春から新しい生活を始めている。
ここに移り住むこととなった事の顛末、
引越大移動に付随するあれやこれやの出来事は、
これからおいおい書いていくとして、、、
とりあえず今回は、挨拶がわりに椎の木のお話。


椎の木、
秋になるとドングリの実をつける皆さんお馴染みの椎の木、
日本の田舎の風景には無くてはならない椎の木。
(と偉そーに書いてるが、ここへ引っ越してくるまでは、
 どれがシイやらドングリやら、さっぱり分からぬ不心得者だったワケです僕は。)

玄関を出て家の裏手にぐるりと廻ると、
そこは眼下に田圃を見下ろす高台で、下に傾斜する鬱蒼とした竹林になっている。
幾重にも重なり縦に伸びる竹林と、その隙間から見える青々とした稲穂の絨毯。
この美しい風景は、ちょっと言い過ぎかもしれないが、
さながら、かねてよりの憧れの地バリ島はウブドの風景を彷彿とさせるもので、
ここに引っ越してこようと決意させた大きな要因のひとつとなったものである。

で、この竹林の真ん中にどーんと、むちゃくちゃな存在感をもって
天に向かって両手を広げているのが、この椎の木である。
高さ10m余あるこの大木、樹齢何百年くらいであろうか、、、。
詳しい事はいずれちゃんと調べてみるとするが、
いずれにしても、この地の主のような存在には違いない。
表にまわって我家をあらためて見ると、おおきな椎の木が小さな家を
まるでその懐に大事そうにかかえこんでいるようにも見える。
この地の主であって、きっと、我家の守り神に違いない。
じっと見ていると、その木が、物静かで優しげな
でっかいおじいちゃんに見えてくる、、、。
「えへん、えー、只今ご紹介に預かりました
 でっかいジイちゃんです。
 ワシがこの世に生をうけたのは、かれこれン百年前、
 まだ人間どもが、あたまに茄子みたいなのをのっけて
 右往左往しておる時代じゃった、、、、」

そんな椎の木をなかばうっとりと眺めながら、
木の下にウッドデッキを作りたいな、だとか、
あの枝にブランコを吊るすのも良さそうだ、、、とか
いやいや、いっその事、ツリーハウスはどうだろうか、、、とか
様々な思いに耽る日々である。

もっとも当の椎の木にとっては、はなはだ迷惑な空想ばかりなのだが、、、。

「やれやれ、今度引っ越してきたやつは、
 ロクでもないやつらしいのお、、、とほほ」