2011/06/21

てっぺんかけたか

ひと月ほど前から、よく耳にするようになった鳥の鳴き声がある。
まるでリバーブをかけたようによく響く独特の節回し、
そのせいか、わりと空の高いところで聞こえる気がする。

その声がいつものように聞こえてきたある時、
ふと、なにかが腑に落ちた。
ああ、これが「てっぺんかけたか」か、、、。
頭の中に、昔読んだマンガのひとコマがよみがえった。

「てっぺんかけたか」と鳴く鳥がいる。
その事を僕が知ったのは昔読んだ楠勝平のマンガからだった。
たしか70年代はじめ頃の「COM」に掲載されていた短編作品のひとつだったと思う。
今となっては、そのストーリーもほとんど覚えていないのだが、
空飛ぶ鳥に「てっぺんかけたか」の鳴き声が大きく描かれたそのページだけは
何故か強く印象に残っている。

そこで、記憶を確かめるためにも、昔の「COM」をもう一度読んでみたいと思ったのだが、
いかんせん僕のマンガコレクションは、
引っ越しの際に段ボール詰めされ倉庫の奥に仕舞い込まれたまま、、、
残念ながら断念した。

楠勝平は江戸時代を舞台に、そこに生きる庶民の悲喜こもごもの暮らしぶりを描いた作家だった。
生や死、悲しい事や可笑しいこと、良い事や悪い事、人情や裏切りや失敗、、、
それらに彩られた様々な人生が、その作品には淡々と描かれていた。
洒脱なその作品を読むたび、当時の僕は子供ながらも、ある種の無常観を感じていたように思う。

そしてもうひとつ、強く氏の作品から受けた印象が「粋」であった。

軒先を見上げると、空を高く鳥が鳴く。
見上げる人々は季節の到来を知る。
「てっぺんかけたか」

この描写にも、そんな「江戸の粋」を感じて、きっとそれが強く心に残ったに違いない。
もちろん当時の僕には、そんな「粋」という概念はあまり理解出来てなかっただろうけど、、、。

楠勝平、「COM」や「ガロ」で活躍したこの不世出の作家は、
1974年、30歳という若さで夭逝した。
という事は、当時僕が読んでいた作品群は20代後半に描かれたものになる。
うーむ、よくその若さで、あんな作品が描けたもんだ、、、と唸らずにはいられない。

さて、話を「てっぺんかけたか」に戻すと、、、
調べてみると、声の主は「ホトトギス」。
あの「鳴いて血を吐くホトトギス」「正岡子規の不如帰」「鳴かぬなら殺してしまえ、、、」
のホトトギスであった。

ははあ、なるほど、
この辺りには竹薮が多いし、そこを住処とするウグイスも多い。
ウグイスの巣に托卵するというホトトギスにとっても絶好の棲息地なのだろう。

「ほーほけきょ」と春を告げるウグイスが鳴き、しばらくしてから
「てっぺんかけたか」のホトトギスが初夏を告げる。

「うす墨を 流した空や 時鳥(ホトトギス)」一茶

梅雨があければ、もうすぐ夏だ。

2011/06/20

イラスト作品を追加しました

先日のコミック追加に引き続き、今度はPortofolioページにイラスト作品を追加しました。
ここ最近(と言っても1、2年なんだけど)の作品を追加しています。
ぜひ、ごらんください。
>Yla Portofolio/illustration

2011/06/11

すごすぎるホタルたち

続けてホタルの話題ばかりで恐縮なのだが、
なんとなく予感を感じて昨日また出かけて行った「源氏ぼたるの里」、
このホタルっぷりがあまりにも見事だったので、またアップします。

今回は、先日までの田んぼの中の用水路ではなく、やや広い川沿いがそのスポット。
そのせいか、ホタル達はあまり飛び回らずに、川沿いの木に停まって、ゆっくりと明滅を繰り返している。
その数の多さもすごいけど、それぞれの光りかたがシンクロし、
ゆっくりとうねりながら光っては消える様は、実に幻想的。
水面に映る光もきれい。ファンタスティック。

という訳で、しばしの間、呆然と眺め続けたのであった。

ところで、ホタルの写真って、ムツカシイ。
その光跡がちゃんと写っても、なんかウニョウニョとしたイトミミズの群れみたいな写真になっちゃうし、
とても現場の、あの茫洋とした神秘的な雰囲気が再現出来ない、、、。
(ま、技術不足なんですが、、、)

という訳で、本当は、ものすごおーくキレイなんだ、と思いつつ、下の写真もごらんください。



2011/06/09

ホタルのユウベ

車で20分ほど行ったところに「源氏ぼたるの里」という場所がある。
その名の通り、ゲンジボタルが自生する自然豊かな所。
清らかな水の流れや美しい田園が広がっている。

「源氏ぼたるの里」

こちらに引っ越して来てしばらくしてから、この地のことを知り、是非見に行ってみたいと思っていたのだが、、、
去年の今頃は、家や庭や裏山のリフォームや大掃除に追われて
とてもとてもそれどころではなかった。

そして今年、
待ちに待ったシーズンがやって来た!と喜んだ我々、
先週は実に三回も「源氏ぼたるの里」に出かけていったのだった。

5月30日、月曜日。
雨が上がるのを待って下見がてらに出かけてみたのだが、
台風が過ぎた後で風強く、気温も低くて、ホタルは一匹も現れず。残念!
見物客も我々以外、ほとんどいなかった。

6月3日、金曜日。
この日は、まずまずの人出。
薄暗くなってから着いたのだが、先日下調べをしておいたので、
迷う事なくまっすぐ一番のホタルスポットに向かう。
そして、ついに念願の源氏ボタルの群舞に遭遇。
目の前の幻想的な光景に静かに感激する。

ホタルが光りはじめた

あくる4日、土曜日。
この日は、ここ一週間行われていた「源氏ぼたる鑑賞の夕べ」の最終日、
「ほたる祭り」と銘打たれたイベントが開催されていた。
たぶん一年中で一番、ここ「源氏ぼたるの里」に人が集まる日ではないだろうか。
とは言っても、やはりそこは外房感覚。
そんな無茶に混み合うほどでもなく、なかなかの手作り感覚あふれるピースフルなお祭りであった。
子供からお年寄りまで、浴衣を着た人もちらほらと集まり、ちょっと早い夏祭りといった趣き。

さて、肝心のホタルはと言うと、前日に比べると少なめだったのはやや残念。

特設会場には舞台が設えてあった。見れなかったけど、、、

さて、そんな感じで「源氏ぼたる鑑賞の夕べ」なるイベントは終了したものの、
もうしばらくは、ホタル鑑賞は可能なようだ。
もう少ししたら、小ぶりなサイズの平家ボタルが飛び始めるらしいし、
ぜひもう一度、行ってみようかな、、、と思っている。

2011/06/04

Comicを追加しました

実にひさしぶりに、PortforioのページにComicを追加しました。
それもなんと!新作です。
(とは言っても、去年から2回だけ描いた小作品なんだけど)
最近気になってるモノ、コト、場所などに焦点を当てて、
毎回深く追求してみようと試みる旅行記仕立てのエッセイマンガ、
つー感じです。
ぜひ、ごらんください。
>Yla Portofolio/comic

あと、トップページも更新。
チューリップとKORG名機MS-20のコラボレーションなり。

2011/06/02

2011/3/8ー2011/5/22

2011/3/8
だんだん日射しが春っぽくなってきた。
庭にジャガイモを植える。

2011/3/12
テレビで延々と繰り広げられる近未来パニック映画のような映像。
居ても立ってもいられなくなって、警報が解除されてすぐに近くの海岸へ行く。
港では押し上げられた漁船がゴロリと横たわっている。
ここ九十九里の南の岸にも津波の被害が、、、。

2011/3/17
計画停電の夜。

2011/3/20
停電ばかりで仕事にならないので、、、、
竹を焼く。

2011/3/25
「Pray For Japan」
友人のサイトに頼まれて、震災を受けた人々へのメッセージイラストを描く。
以前描いたポピーの絵を手直しして、メッセージを添えた。

2011/3/28
そんな中でも、春は確実にやってくる。
庭のモクレンが開きはじめた。

2011/4/11
山の湖に桜。

同じく2011/4/11
夕暮れ。愛犬カノンのシルエット。

2011/4/12
翌日は別の場所でお花見。
またしてもカノンがちゃっかり写りこんでる。

2011/4/15
お隣の梨園で、梨の交配を手伝う。
使用するハイテクマシーンは「電子制御花粉交配機ラブタッチ5号」。

2011/4/18
庭のチューリップが満開。
このところ庭を眺めながら電子音楽を聴く事が多くなっているが何故か?
特に北欧のエレクトロニカあたりがお気に入り。

2011/4/27
神楽坂にスペインバル「BAR MAQUO(バルマコ)」がオープン。
ロゴ制作と印刷物、サイト制作などを手伝わせいただいた。

2011/5/18
剪定して落としたモミジの枝を玄関先に飾る。
郵便受けがボロで悲しいが、モミジは青く美しい。

2011/5/22
梅雨に入る前にかねてより計画していた庭の芝生化を行う。
植え付けるのはティフトン系芝の改良種「ティフアート」のポット苗。
うまくいけば三ヶ月くらいで緑の絨毯になるらしい。


そして、梅雨がやって来た、、、。