2012/05/11

嵐のあと

激しく降り続いた雨のあと、向かいの巨木が神々しく輝いているので

急いで表に出てみると、今まさに夕陽が沈もうとしている。
湿気を含んで霞む空気と、水田に映りこむ黄金色の空。
まるでバリの風景画みたい。

ふと振り返ると、でっかい虹。
まっすぐに地から天へと立っている。
ああ、驚いた。

それにしても、一日かけた芝生の養生。
せっかく撒いた目土が、すっかり流されちまったい ・・・。