2012/10/10

バリ額の話


バリ島芸術の中心地ウブド、
そこから南へ少しいった所にマス(Desa Mas)という村がある。
ここは木彫りの村としてよく知られていて、
エキゾチックなデザインとその繊細な細工で知られる
お馴染みのバリ木彫工芸品の数多くは
この村に工房を構える職人達の手によるものだという。

今回の展覧会に使うすべての額縁は
そのマスにある木彫額縁の専門店に於いて、
かれこれ15年ほど前、まとめてオーダーして作らせたものだ。

当時は、差し当たってそんな予定はなかったのだが、
「いつかこの額縁たちを使って展覧会をやってみたい」
というのが、漠然とはしていたものの、その動機であった。
しかし、なかなかその「いつか」は訪れる事はなく、
あっと言う間に15年という時間が経ってしまった。

その間、何度も転居を重ねたが、
何処へ行ってもこのバリ額たち(結構かさばる)は、
自宅や仕事場の物置のかたすみでじっと息をひそめ、
その「いつか」を待っていたのだった。

さて、今回の展覧会を企画していただいた
スターポエッツギャラリーの今村ひとみさんの進言もあり、
このバリ額たちが、やっと本来の役目を果たす事ができたようだ。
遅ればせながらも、ついに「いつか」が実現化したのだった。

きっと、バリ額たちも、ほっとしているのではないかと思う。
それに、なにより
額縁に収まることになった今回の絵の数々、
熟成した時間のせいか、
この額たちにしっくりくる絵になっているような気がするのだけれど、、、
それは作者だけの思い込みだろうか。


2012/10/02

中秋の名月 一日遅れ


今日はちょっと早くに目が覚めた。
夢の中でも現在制作中の絵の事が気になって起きてしまった訳だが、
午前2時すぎ、はたしてこれはもう早起きと呼べる範疇ではないかも。

外に目をやるとものすごい月明かりだ。
庭に出てぼんやり空を見上げ、
しばしルナティック気分を味わう。
さて、早速制作にかかろうと机につき
ヘッドフォンをかぶりiPodのシャッフル再生ボタンを押すと、
本日の一曲目はピンクフロイドの「マネー」(なぜか笑)。
おお、ダークサイド・オブ・ザ・ムーン!

奇妙な符丁に、再び青白い光に敷き詰められた庭を眺める。

さてと、制作。
いよいよ二週間後へとせまった展覧会、
はたして作品制作、間に合うかなあ、、、、。

ちなみに、この月が描かれた絵も展示しますよ。