2014/11/30

本日の Wabi Sabi

「百日紅」と書いて「さるすべり」はその名の通り、
8月から10月にかけて、百日もの長い間、綺麗な紅の花を咲かせる。
ちなみにその幹は樹皮が剥がれたような滑らかな表面で、
猿が登ろうとしてもツルツルでスベっちゃうでしょ…
で、こちらもその名の通り、さるすべり。

花のつきは今年イマイチだったものの、
一応夏から秋にかけて、にぎやかに庭を彩ってくれたうちのさるすべり。
本日庭の手入れのついでに、ちょっと早いが剪定した。

花が終わったさるすべりの枝は、割りと強めに剪定するのがコツ。
思い切って枝の根元からチョッキンちょっきん切ると、
翌春にはそこからまた強い枝が伸びてくる。
力強い循環。

さて、切り取った枝を眺めてみると、
なかなかに良い造形なので…

こんな感じで飾ってみました。




本日の Wabi Sabiでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿