2014/12/26

年末に花の絵を描く話

今年ももうすぐ終わり。

毎年12月に入ると新作の絵を一点描き始める。
出来上がった絵を使って来たる年のイラテック年賀状にするのが、
ここ10年来の恒例行事となっている。

さて今回は、去年あたりから描いては直しを繰り返して、
いまだ完成に至っていなかった花の絵をちゃんと完成させて、
その任に当たらせようと目論んでみた。


始まりはこんな感じ。
こんな感じの絵が描きたいとラフを描きなぐった。

ううーん、これじゃなんだか分かりませんね……。


ラフを幾つか起こしているうちに、芍薬を描いてみようという気になっていく。

立てばシャクヤクの芍薬。

春に牡丹園で撮った写真などを見ながら、下絵をおこしていく。
だんだん花みたいに見えてきたよ。


ラフの絵から本番の線画をおこしていく。

ぱっと見にはラフと変わらないかもしれないけど、本番ですコレ。

その花の真ん中から力強さが溢れてくるような…
そんな芍薬の花が描ければ… と。


彩色。
バージョン1。

うーん、ちょっと大人しいかなあ。

             ……つづく。

0 件のコメント:

コメントを投稿