2014/11/30

本日の Wabi Sabi

「百日紅」と書いて「さるすべり」はその名の通り、
8月から10月にかけて、百日もの長い間、綺麗な紅の花を咲かせる。
ちなみにその幹は樹皮が剥がれたような滑らかな表面で、
猿が登ろうとしてもツルツルでスベっちゃうでしょ…
で、こちらもその名の通り、さるすべり。

花のつきは今年イマイチだったものの、
一応夏から秋にかけて、にぎやかに庭を彩ってくれたうちのさるすべり。
本日庭の手入れのついでに、ちょっと早いが剪定した。

花が終わったさるすべりの枝は、割りと強めに剪定するのがコツ。
思い切って枝の根元からチョッキンちょっきん切ると、
翌春にはそこからまた強い枝が伸びてくる。
力強い循環。

さて、切り取った枝を眺めてみると、
なかなかに良い造形なので…

こんな感じで飾ってみました。




本日の Wabi Sabiでした。

2014/11/22

Bali Temple Explorer

このところ、制作をしている新作マンガの資料として、
バリ島の写真集や、関連サイトを漁ることが多いんだけれど
そんな時いつも、ついつい見てしまうのがこのサイト。

森の奥に静かに佇むバリ寺院をバーチャル観光できるサイトです。

一時期、こんな感じの「マルチメディア」的、「インタラクティブ」的(共にIT死語ですかあ?)なアプローチのウェブサイトっていくつか見かけたが、このサイトはなかなか秀逸な出来。

画像の美しさ、音楽や自然音の心地よさ、それに何よりの空気感…、
そのどれをもが素晴らしく、つい時間を忘れてうっとりと眺めてしまいます。

バリ好きの方で、ご覧になったことのない方はゼヒ。
かなり、行った気になりますよ。



2014/11/11

「忌野清志郎展」@宝塚手塚治虫記念館

宝塚手塚治虫記念館で開催されている「忌野清志郎展」に行ってきました。

手塚治虫記念館で、清志郎さん展。
なんだかとても感慨深いものがあります…。

昔、RCサクセションのマンガを描かせてもらったご縁で、
若い頃ちょっとだけ、清志郎さんに遊んでもらった時期があります。
家に遊びに来てもらって絵を見てもらったり、焼き肉をご馳走になったり…、
なんのハズミでかライブ演奏に一緒に混ぜてもらった事もありました。
それらは僕の中で宝物のような思い出となっています。
清志郎さんはほんとにマンガが好きで、
だからガロでデビューしたというだけで、僕のことも面白がってくれていたようでした。

そして、それ以後僕は長い間、手塚治虫の仕事に関わることになります。
そんなこんなで、この展覧会は実に感慨深いモノなのでした。


久しぶりに宝塚花のみちを歩き、大劇場を過ぎて、記念館に入ります。

記念館を訪れるのは、たしか我がイラテックが手がけさせていただいた館内手塚治虫データベース検索機「手塚治虫モビール」のリニューアル公開時以来だから、10年ぶりくらいになります。

記念館に関しては、今年も4月に、Googleが歴史的な写真や文書を紹介する「Google歴史アーカイブ」に於いて「手塚治虫記念館」編を制作したりしたので、そんなに久しぶりって感じはしないのですが、リアルに行くのはやはり10年ぶり…、なんかかなり、懐かしい感じです。


さて、企画展「忌野清志郎展」会場に入ると、
会場内から「スローバラード」が聴こえてきて、もうすでに胸にぐっと迫るものがあります。
懐かしいRCのレコードジャケットの数々の間を抜けると、いつもの企画展のメインステージ、「ガラスの地球」の真下のホールには、清志郎さんのハデハデ〜なステージ衣装が展示してあって、その上のモニターでは武道館でのライブ映像が流されています。
聴こえてきたのはこの音楽だったんですね。
曲はやがて「雨上がりの夜空に」に変わります。
くーーーーっ。

それを聴きつつ次のコーナーに移ると、そこには清志郎さんの数々の絵画やマンガが展示してあります。
特に、2006年に描かれた、闘病中の自画像に激しく胸を打たれました。
こってり油で塗られたその自画像は、何て言うか、とても、強い…絵でした。

会場を出ようとする僕の後ろから、「イエーイって言えーい」という清志郎さんの声が聞こえてきました。
イエーイ! いいものを見せてもらいました。

「忌野清志郎展 〜手塚治虫ユーモアの遺伝子〜」は来年2月20日まで開催されています。

2014/11/06

清酒「官兵衛」と姫路おでん

清酒「官兵衛」と姫路おでん。生姜醤油でいただきます。
姫路からの帰り。

駅近くでちょっと時間があったので、横丁の立ち呑みでさくっと30分ほど。
それにしても、何でも安くて旨い。
件の「官兵衛」酒を2杯、おでんを2種、「二度漬け禁止」の串カツを二本食して、お勘定は千円ちょうど。
隣のお客さんのオススメは「ここの粕汁めっちゃ旨いでー」だったんだけど、
時間的にそこまでたどり着けませんでした。
残念。

案の定というか、思った通りというか、姫路の町はなかなかの官兵衛フィーバーぶり。
記念に綺麗になった姫路城をパシャリ…と、思ったんだけど、
ほろ酔いのせいかボケボケになってしまいました。

2014/11/01

山の中のお煎餅屋さん

父のお伴で兵庫県の山の中にある漢方薬局へ。

その帰りに連れて行ってもらったのが、近くのお煎餅屋さん。
煎餅を売っている棟とは別棟に、茅葺きの古民家を使った休憩処がありました。

侘び寂びワールド…ある意味アミューズメントパーク。

美味しいぜんざいを頂きました。




水車小屋では餅米をついています


壁にかけられた一輪も侘び寂び…