2015/06/15

雨が傘からふれば

梅雨空。

窓の外をながめ、ぼんやりと降る雨を見ている。

つい、つい昔懐かしい歌が口をついて出る。

雨が空から降れば
オモイデは地面にしみこむ
雨がシトシト降れば
オモイデはシトシトにじむ

小室等が歌っていたこの詩って別役実だったんだなあ…
と、今更。

別役実と言えば不条理
と、ひとつの不条理が頭をもたげる

雨が傘から降れば…

それは、きっとこんな感じ。
しょうがない雨の日はしょうがない…






梅雨空。

窓の外をながめ、ぼんやりと降る雨を見ている。


0 件のコメント:

コメントを投稿